骨移植のインプラントで治せなかった症状を改善

移植する


歯医者

インプラント治療は審美歯科でしか行っていない治療であり、日本では保険適応外です。この治療は歯が抜けてしまい根本がなく、人工的な歯を装着する方法が入れ歯しかないという場合に利用される治療です。
入れ歯では食事にも見た目にも影響がでてしまいますし、何より面倒です。それを解消してくれるものがインプラントなのです。
この治療は非常に便利ではありますが、全員が全員問題なく施術できるわけではありません。この治療をしようと思えば、まず健康な歯茎と顎の骨が必要になっています。
これまでのインプラント治療では、顎の骨が小さい人、特に日本人の女性は元々から顎が小さくインプラント治療が生まれつき不可能、不適合な人が多かったのです。
過去の技術であればインプラントはここで終わりになりますが、骨移植技術ができてからは不可能だった施術が可能になります。

顎の骨が足りないために治療が不可能であれば、その部分に骨移植を行って骨をかさ増しすれば良いのです。かさ増しをすることにより、足りなかった部分にしっかりとした骨移植が完成し、組織が出来上がります。
そうすれば一般的な方法で治療を進めることができるようになります。
この治療は何らかの理由で骨がない、溶けているというような人でも利用することができるようになっていますから、どんな環境にある人にも使って頂けます。
治療費用などは骨移植の種類、方法によって違いますし、病院が利用している骨移植の道具によっても変動します。