骨移植のインプラントで治せなかった症状を改善

歯茎の状態


りんごをかじる

インプラントや骨移植の治療には歯自体の頑丈さが大切ではありますが、それ以上に重要なのが歯茎です。
歯というのは歯茎が支えることによってしっかりと口内に自立しているのですが、歯茎が何らかの原因で下がったり膿んだりしてしまうと歯をささえきれず、歯自体は健康なのにそのままスポッと抜けてしまうこともあるのです。
特に最近問題になっているのが歯周病であり、これはインプラントや骨移植を希望してきた人の中にも多く見られます。軽度であればある程度治療をしてからインプラントや骨移植を行うことができるのですが、あまりにも重度である場合はインプラントや骨移植が不可能となり入れ歯生活を送ることになります。

歯周病は人間の口内にある最近が歯茎に感染して炎症を起こしている状態であり、これが続ければだんだんと歯茎はダメになってしまいます。
同じ歯周病でも段階によって名前が違います。初期段階は歯肉炎とよばれており、これは歯垢という歯の汚れをとりきれていないことによっておこります。この段階であれば歯磨きを徹底したり、うがい薬を利用したりすることで簡単に治ります。歯肉炎でも悪化すれば出欠、歯茎のあきらかな腫れが出てくるようになります。
これを過ぎれば今度は歯周炎になり、歯茎が下がってくるようになります。膿みも視えるくらいに出るようになります。歯茎が下がると歯が長くなったように視えます。
これよりも悪化すれば本当に歯周病末期になり、歯を支えるだけの歯茎がなくなって抜けてしまいます。膿みの影響で口臭も相当なものになります。
これにかかるとインプラントや骨移植も不可能になってしまいます。