骨移植のインプラントで治せなかった症状を改善

決定的な差


女性歯科医

これまで歯を失ってしまった場合には、入れ歯や差し歯によって無くなった部分を補填していました。なくした歯をそのままにしておくと、その部分を埋めようと歯が動き出し、歯並びが歪になってしまいます。
ですから、必要でも必要なくても入れ歯や差し歯によって穴を埋める必要があったのです。
それに、歯がなければ食事も思ったようにできませんし、目立つ部分であれば外見にもかかわります。歯を大量に失ってしまうと顔面の老化が進行し、10歳以上は老けてみえるといわれているのです。生活にも自分の見た目にも歯というのは非常に重要なのです。

入れ歯だと装着が不便、痛みを感じることがある、食事に制限がでるというように様々な問題がありました。しかし、今注目されているインプラントや骨移植を利用すればそんな面倒は全てなしにできるのです。
インプラントや骨移植では、歯を全く失ってしまった部分へチタン製の金属をいれこみ、歯茎をつっきって顎の骨へと固定します。そこへ長く固定することでチタン金属は人間の骨組織と癒着します。この性質を発見したことによってインプラントや骨移植などの治療は可能となったのです。
骨移植も同様に自分の骨を利用して行います。こうすることで根本がしっかりと固定され、人工的な歯を装着しても簡単に抜けてしまわない強固な歯が出来上がってくれるのです。

骨移植は最新の治療となっていますから、治療してくれる病院はやや限られています。骨粗しょう症などによって骨自体が弱っている人は利用できない場合がありますが、それ以外であれば多くの人がこれまでの不便を解消できるようになります。